育毛を促進するおすすめな発毛剤を使用しよう

Hair growth

薄毛治療でAGA改善

薄毛治療の現状について

多くの男性を悩ませているものの1つに薄毛があります。そこで、薄毛治療の現状についてお話しします。男性に薄毛をもたらす大きな原因とは、男性型脱毛症と呼ばれるものです。男性型脱毛症については、最近ではAGAとも呼ばれ、より身近なものとして感じられるようになってきています。男性型脱毛症の発症には、女性にも分泌されてはいますが、男性に多く分泌されている男性ホルモンが関係していて、いくつかある男性ホルモンの中でも、主要な男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストステロンに変わることで引き起こされると言われているのです。そして、今ではジヒドロテストステロンの量を減らす作用がある、フィナステリド製剤が薄毛治療薬として利用されているのです。

病院での治療は自由診療になります

薄毛治療は病院で行えるようになりましたが、病院での治療は自由診療になります。もう少し噛み砕いて言うと、薄毛治療を病院で行う場合の治療費は、健康保険が使えず、治療を受ける側が全額を負担することになるのです。また薄毛治療は、治療薬を長期間服用する必要があることから、治療費の総額はかなりの金額に上るのです。ですから、病院で薄毛治療をするのであれば、このことを納得した上で治療を受ける必要があります。その一方で、インターネットにある医薬品の個人輸入代行サイトを利用して、海外から安いジェネリック医薬品を取り寄せる人が増えているのです。フィナステリド製剤は、既にその特許の期限が切れていることから、ジェネリック医薬品が製造されているのです。